忍者ブログ
NZクライストチャーチ/日本震災復興支援を目的としたメルボルン在住の日本人が主体となったボランティアグループによる活動記録及び募金収支報告なブログ。☆★☆ the charity event of the Christchurch and Japan support event blog by Melbourne Japanese volunteer group "Save The Kiwi & Japan Project".
2020 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • Blog Search
    Profile
    Name
    SKJP
    Introduction
    Place : Melbourne

    We are planing the charity event of the Christchurch support.

    +643
    NZ Country Code 64 and 3 is Christchurch area code!!
    +643は国際電話の国別コード(64)そしてローカルエリアコード(3)その番号です。
    Calendar
    05 2020/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30
    CM
    [03/13 SKP TOSHI]
    [03/13 もか]
    TB
    Barcode for mobile phone
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    こんばんは。SKPのナオキです。

    僕が今回SKPの活動に参加した理由・・・・。

    僕はニュージーランドのクライストチャーチにワーホリ&留学していました。滞在期間は約、2年半ほどです。今回の震災で崩れてしまった大聖堂を中心とした小さいけどとても美しい街、そして歩いているだけでワクワクしてくる、そんなクライストチャーチが僕は今でも大好きです。

    そして、そんなステキな街をさらにスペシャルにしてくれたのが、僕のホストマザーのグレンダさんです。当時、英語もままならない僕がグレンダさんのプロコ家に語学学校を通じて、3週間だけホームステイをさせてもらいました。

    とてもアットホームで国際的な雰囲気であっという間に気分は家族の一員に!そして、ホームステイをでた後も、月に2回はディナーやイベントにお呼ばれし、引越しの間合いにはお世話になり、クリスマスも一緒にすごし、旅から帰ってきては泊めてもらい、、、3週間しかホームステイしてないのに、3ヶ月以上は無料でステイさせてもらっています。

    いろいろと人生に相談にものってもらいました。グレンダはいっつも親身になってくれます。そして、不思議とグレンダと話しているとポジティブな気持ちになれるのです。きっとグレンダがとってもポジティブな人だから。そんなグレンダは僕に「私はあなたのキューイママよ。何でも相談しなさい。」

    僕が「ニュージーランドに残りたい!」とグレンダに相談した事があります。そしたら、グレンダは「じゃぁ、ナオキを養子にしてあげる!」と言う事で、いろいろといろいろと調べてくれました。結局は、18才以下までしか養子にできないという事でしたが、もうすこしで親子になるところでした。そしたら、僕今、ニュージーランド人です。。

    結局はダメだったけど、その必死に調べてくれた行為がすごくありがたかったし、気持ちがすごい僕はうれしかった。

    だから僕は今回例え僕たちの活動で多くのお金をニゅージーランドに届ける事ができなくても、ニュージーランドの事を想って活動した事、僕たちの気持ちという部分は絶対にニュージーランドに届けたいと思っています。

    今回の地震の後にグレンダに送ったテキストの返信には

    safe+alive Naoki but house finished-i have gr8 memories wonderful times with u at our house..

    とありました。悲しくて涙がでた。。けど、グレンダが無事で良かった。その家の冷蔵庫にはいつもステキな言葉達がかかれていました。その中の僕の好きな言葉・・。

    「Every decision you make, every chance you take, determins your destiny.」

    今でも僕の座右の銘です。

    僕も大きな事はできませんが、自分にできる事は地味に頑張って行きたいと思ってます。そしてこの気持ちは必ずニュージーランドに届くと思っています。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    人と人との繋がりがあるから HOME NZへ留学されている方の声。
    Copyright © +643 BLOG [Save The Kiwi & Japan Project] All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]